包茎の種類

一般的に幼少時は亀頭と包皮がくっついているためにむけることはありませんが、徐々に成長するにつれて包皮がめくれ思春期を迎えるころにはむけることが多いとされています。しかし、めくれる量が少なかったり亀頭が完全に露出することがない場合も多く、これを包茎と呼びます。包茎には、仮性包茎、真性包茎、カントン包茎の3つのタイプがあります。

仮性包茎は、日本人に多いタイプで、自分でペニスの皮をむこうと思えばむけるものを広く指します。通常は亀頭に包皮がかぶさっている状態ですが、簡単に露出することができ、勃起した時には亀頭が自然と出てくることも多い傾向にあります。中には勃起時でも皮がかぶさっている状態の方もいるようですが、性行為を行うにはさほど支障をきたす事はありません。

逆に、真性包茎はペニスが勃起するしないに関わらず、皮をむくことができない状態を指します。もっとわかりやすく言えば、皮の中に亀頭が隠れてしまっている状態ですので、自分の亀頭を観ることができません。放っておくと炎症を引き起こしたりすることもありますので、治療を行っていくことが必要となるタイプです。

カントン包茎は、若干無理をすれば皮をむくことができますが、包皮口が狭いという特徴があるため亀頭を締め付けてしまうことがあります。そのまま放置してしまうと包皮口が戻らなくなってしまい痛みを伴ったり違和感を覚えることが多い傾向にあります。ただ、症状によっては違和感が全くない場合もあるようで、注意が必要な包茎のタイプだと言えるでしょう。